マンションに住んでみて

もともと三階建ての一軒家に住んでいましたが、親の代から住んでいたので老朽化してきて、売却し分譲マンションに引っ越ししました。以前は洗濯を干す際わざわざ三階の屋上のベランダまで干しにいったりして洗濯する度に憂鬱でした。布団を干す際はさらに大変で家族総出じゃないと不可能でした。

 

掃除も毎度大変で、三階から下の一階まで掃除機を担いで上り下りで腰に負担がかかる事もしょっちゅうで「いい加減この生活辞めたい」と毎日思っていました。そんな中近所に分譲マンションが建つことになり、夫婦でモデルルームを見学に行く事になりました。古い三階建てに毎日うんざりしていた私達夫婦は、マンションの間取りや、最新のキッチン設備、綺麗なクローゼットを見て一目惚れしてしまい、悩む事なく即効で購入を決め、家を売る事を決めました。それからマンションが出来上がり、家も安い価格でしたが無事に売れて引っ越しする事になりました。

 

お陰様であの地獄の様な掃除や洗濯の日々から解放されて毎日家事がスムーズにいく様になりました。上層階には住んでいませんが回りに高い建物が建っていないので、景色も見渡せる事が出来るし、風の通りも良いのでとても快適に過ごしています。子供達が階段から落ちる心配もなくなりましたし、老後の足腰の負担の心配もなくなりいい事づくめで最高です。

 

多少の負担はありますが、例えば下の部屋に住んでいる住人に配慮して床の騒音予防など、また重たい買い物をする際は宅急便を利用したりとなどの工夫ぐらいですし、エレベーターに待ち時間があったりなどしますが、以前の生活に比べたら全くたいしたことはないのでマンションに住んで本当に良かったと思っています。

 

しかし子供の学校の行き帰りなどでマンションのエレベーターに乗る際に、大人の男性が乗り入れた時の心配などがあって、子供には大人と一緒に乗ったらダメ、下りなさいといった注意を毎回しているので、マンションで住む以上エレベーター内の防犯の心配はつきものです。